自由に食材を持ち込んで楽しもう

沖縄のビーチでは、火を使った調理が許されているエリアがあります。そのような場所に行けば、バーベキューで盛り上がれるのでアウトドア派の人にはおすすめです。いわゆるキャンプ場に近いイメージのエリアで、水道が用意されていて野菜や魚介類の下ごしらえができる設備があります。予約制の場合が多く、使える調理器具や燃料などの詳細は必ず事前に確認しましょう。飲食物は基本的にすべて自分たちで用意します。宿泊場所からビーチまで遠い場合は、レンタカーを使うと食材の購入や運搬が快適になります。利用したあとは、ゴミの処分を適切に行わなければいけません。ビーチにゴミ捨て場がないこともあるので、ゴミ袋も持参するとよいでしょう。

バーベキューを手軽に楽しむ方法もある

バーベキューができるビーチでは、食材の持ち込みや調理器具の準備は自分たちで行うのが基本です。しかし場所によっては、レストランに行くような感覚でバーベキューを楽しむこともできます。そのような場所では、調理のための鉄板や燃料が準備されているのはもちろん、カットされた食材まで用意されているので、あとは焼いて食べるだけです。食べ終わったら後片付けの必要もないので、バーベキューの楽しいところだけを体験できるスタイルです。注意点としては、自分で食材を用意するスタイルと比較して、料金がやや高くなるかもしれません。また、メニューが決まっているので自分が好きなものだけを並べるのは難しいかもしれません。最高の手軽さでバーベキューを楽しめるメリットは大きいので、予約できないか調べてみるとよいでしょう。